×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電気 引越し

電力会社に引越し申込み

引越しをする際、電気のライフラインの手続きについては、地域の引越し業者に連絡して引越前の使用中止手続きと引越後の使用開始手続きを行う必要があります。 たとえば、東京電力では、インターネットを使って電気/ガス/水道の事業者に対するこれらの手続きを一括して行うことができます

【電気に関する手続き】
引越の1週間くらい前までに、検針票や領収書に書いてある電力会社の営業所に電話をし、移転の旨を連絡しましょう。 移転の連絡をすると引越当日に電力会社の人が来てメーターを確認し、料金の精算を行います。 新居では、ブレーカーのスイッチを入れた上で電気を使い始めます。 そして普通は玄関周辺やブレーカーのある分電盤の近くに「電気使用開始申込書」が備え付けてあるので、必要事項を記入の上、投函しましょう。 また、大容量の電気を使用する場合には契約アンペアを上げることができます。貸主に相談したうえで、電力会社に依頼しましょう。

  • 新生活の引越しは1人暮らしの引越しから始まります。引越しの準備や手順がうまくいくか・・?
  • 転勤や転校の引越し費用は出来るだけ格安にあさえたいものです
  • 引越し準備をするとき気になるのが引越し料金。引越しの見積もりなら自分の引越しの格安価格が分かります
  • 進学や就職で引越しする時、気になるのが引越し費用です。出来るだけ安く済ませるためには安い引越し業者で見積もることですね
  • 引越しの際についでに電気製品を買い替えるというのも荷造りや梱包の手間が省けて良い手法ですね口コミでよく聞く情報ですね。引越しはできるだけ余計な手間を抑えたいものです。

    たとえば、液晶テレビは進化し続けていますが、最近では、お手頃な価格で買うことができるようになってきました。
    地上デジタル放送は、高解像度のハイビジョン映像を実現しました。この地上デジタルの視聴地域が広がる中、テレビの機能で最もこだわりたいのが“映像”です。中にはハイビジョン対応ではない液晶テレビもありますが、これからはハイビジョン対応のモデルを選ぶべきです。引越し買い替えの参考になれば・・・!(^^)!